カードローンの基本情報

事業者向カードローン

事業者向けカードローンの申込のポイントの1つ目は、事業者向けカードローンは改正貸金業法の総量規制の対象にはならないということです。

 

事業者向けカードローンの使途は事業性の資金に限定されていますから、会社の代表者の個人的な借入金にはならないからです。

 

しかし、事業者向カードローンは総量規制の対象にはなりませんが、会社が返済できない場合は会社の代表者が返済を肩代わりしなければならないことは間違いありません。

 

従って、総量規制の対象外ではありますが、事業者向けカードローンは実質的には経営者の借入金と同じと言えます。

 

事業者向けカードローンの申込のポイントの2つ目は、事業者向けカードローン審査の場合は無担保ローンと有担保ローンがあるということです。

 

つまり、無担保事業者カードローンで必要な資金が賄えない場合は、不動産担保ローンや有価証券担保ローンを考える場合も有り得るということになります。

 

その場合には担保の評価金額で計算された資金が融資されることになります。

 

只、現状、不動産市況が低迷していることから、不動産担保の評価額は時価の半分程度になっている様です。

 

そして、事業者向けカードローンの申込のポイントの3つ目は、事業者向カードローンは保証人を求められる場合があるということです。

 

従って、個人向けの無担保カードローンと違い、事業者向カードローンは担保や保証人を求められるローンであるということです。

 

只、担保や保証人を必要とする事業者向カードローンは一般の無担保カードローンよりもリスクが限定されますから、その分だけ適用金利は低い金利が適用され融資金額も大きくなる訳です。

 

この様な事業者向カードローンは一部の地方銀行・第二地方銀行やネット銀行や大手信販クレジット会社や一部の大手消費者金融会社が、積極的に取り扱いを行っています。

 

従って、事業者向カードローンのニーズがある場合は、インターネットのホームページなどで取り扱いのある業者を選んでおくことが求められます。

 

申し込む前に不安や疑問を電話で解決

アコムのオペレーターの方は、ほぼ女性の方が対応してくれてとても親切にお問い合わせに対して返答を行ってくれるので、すべての問題を解決する事が出来ます。

 

良くドラマなんかで申し込みを行う際に怖そうな男性が出てくるシーンがありますが、現実には、ほぼ女性が対応してくれるので問題ありません。ただ、返済が延滞したり滞納したりしていると男性から電話が掛かってきて強い口調でいつまでにどうゆう形で収入が入り返済する事が出来るのか?聞かれます。

 

万が一、延滞や滞納をする場合には、期日までに必ず支払いが遅れる事を伝えましょう。伝える事で利息は加算されますが、支払いを待ってくれてこちらに支払いの催促の連絡が来ることはありません。
私は、申し込み時に電話したことはありませんが、気になったキャンペーンやサービスがあって良くわからない時に電話して問い合わせる事があります。

 

問い合わせを行う事でキャンペーンやサービスがどうゆうものか理解出来るし申し込む事でお得に借入出来る時もあります。